採点精度の重要性

マークシートの読み取りにはOMRが最適

マークシート専用の読み取り装置を使う

マークシートは、試験の場面でよく用いられます。マークシートを使って試験を行うと、採点作業を効率化することができます。

マークシートの読み取りには機械を使いますから、人間が採点するよりも迅速に作業を行うことができるのです。ただし、いくら採点スピードが速くても、採点ミスが頻繁に起これば意味がありません。マークシートを導入するなら、採点精度の高い読み取り装置を使う必要があります。

マークシートを読み取るときには、専用のOMR(光学式マーク読み取り装置)という機械を使うのが最もおすすめです。

OMRでは、光センサがマークの位置を認識し、決められた読み取り範囲内にマークが書かれているかいないかを判別することができます。

OMRはそもそもマークシートに特化した読み取り装置ですから、安心して使うことができます。試験においてマークシートを採用する場合には、OMRの導入も検討するべきでしょう。

スキャナでは採点精度が低くなってしまう

OMRを導入するにはコストがかかってしまいます。そのため、安価なスキャナを使ってマークシートの読み取りをしているところもあると思います。しかし、OMRとスキャナでは採点精度に大きな差があります。

スキャナはOCR(光学式文字読み取り装置)を利用しており、本来手書きの文字や写真などのイメージをデータ化するものです。スキャナで読み取りを行った場合には、印刷時のゴミや消し残しをマークとして誤認識してしまったり、マークシートの一部分がデータ化されなかったりといったミスが生じることが多くなっています。

マークシートの読み取りには、マークを光センサで直接認識するOMRが最も適しています。スキャナにはマークの濃度を判別する機能はありませんが、OMRではマークの濃度を細かく設定して読み取ることが可能です。

ミスをなくして採点効率をあげたいなら、マークシートはOMRで読み取るようにしましょう。