出会い系と風俗バイトの違い

出会い系で稼ぐのはリスクが高い

風俗バイトで働くことと、出会い系で男性と会ってお金をもらって遊びの相手をすることは、ほとんど同じだと思っている女性も多いでしょう。出会い系なら、お店を通さないので、同じことをして多く稼げそうです。しかし、出会い系で稼ぐのと風俗バイトで働くのは全然違います。

そもそも、出会い系というのは、恋人の候補となる異性を見つけるためにあるものです。

そのため、出会った男性がその日のうちにお金を支払って性的なサービスを求めてくるとは限りません。セックスフレンドと出会うために出会い系を利用する人もいますが、その場合も金銭の授受を伴わない関係を求めているケースが多いです。

また、出会い系で相手に性的なサービスを行ってお金をもらおうとすると、トラブルに遭ってしまう危険性もあります。やることだけやってお金を払ってもらえないかもしれません。場合によっては、出会った相手がストーカーになって付きまとわれてしまうこともあります。

 

風俗バイトは比較的安全に稼げる

出会い系で危険が多いのは、助けてくれる人がいないためです。風俗バイトで働く際には、ホームページ記載の基本プレイなど、お店のルールの範囲内で性的サービスを提供することになっています。

本番なしのお店で無理に本番を強要してくるようなお客さんがいた場合には、スタッフに助けを求めることが可能です。店舗型なら、すぐに駆けつけてくれるでしょう。デリヘルの場合にも、数分程度かかりますが、ドライバーが助けに来てくれます。そのため、怖い思いをすることはほぼありません。

ストーカーになりそうなお客さんがいる場合には、あらかじめNGにすることもできます。ストーカー行為やルール違反を繰り返すお客さんは出入り禁止になるのも、風俗バイトなら安全に働ける理由の1つです。

また、風俗店では料金を前払いで受け取ってからプレイ開始します。そのため、料金を踏み倒されてしまう心配もありません。スタッフが適切にマネジメントをしてくれるので、お客さんの相手だけしていればいい点も風俗バイトのメリットです。