スピードへのこだわり

採点処理を迅速に行うために必要なこと

採点スピードを上げる

試験が終わった後には、できるだけ早く採点作業を完了するのが理想です。たとえば、試験が終わって時間が経てば、学生はどんな問題が出たかもすぐに思い出せなくなってしまうものです。もし採点結果が出るのが遅ければ、学生はどこが間違ったのかも記憶に残りにくくなってしまうということです。

試験があったその日に学生に採点結果を知らせることができれば、学生は間違ったところを認識しやすくなり、学習に大きく役立ちます。採点スピードをあげることで、学生側の学習のモチベーションをあげることも可能になるのです。試験の際にマークシートを使えば、採点の際の処理スピードをあげることができます。

マークシートの読み取りを専用のOMRで行えば、採点時間も短縮することができます。集計用のソフトに正解や配点情報を登録しておけば、マークシートをOMRで読み取るだけでスピーディーに自動採点処理を行うことができます。

OMRを使えば迅速に採点が完了する

学校などで試験の際にマークシートを採用するなら、採点スピードにこだわりたいはずです。マークシートの採点作業をスピーディーに行うためには、OMRの導入は欠かせません。

せっかくマークシートを機械で読み取っても、チェックし直す手間がかかるようであれば意味がなくなってしまいます。OMRはマークシートの読み取り専用に作られた装置ですから、これを使うことにより採点精度を上げることができ、チェックの手間を減らすことができます。

OMRを使うだけでも採点精度は上がりますが、さらにミス防止機能の付いたソフトウェアを使えば、採点ミスはほとんどなくなります。OMRとソフトウェアを組み合わせることで、読み取り後はノーチェックで運用することも可能になります。マークシートのメリットを最大限生かすには、読み取りにOMRを使い、最適なソフトを選ぶことが重要になるということです。